ページトップへ戻る

クリニック紹介

安心・安全で最先端の治療をお届けする
「皮膚科専門医」のいるクリニック。

院長メッセージ

ぎなん皮ふ科クリニック 院長 伊藤 秀明

ぎなん皮ふ科クリニック

院長 伊藤 秀明

妥協のない皮膚科医療を通じて、安心・安全で最先端の治療を皆さまに。

はじめまして。
このたび、羽島郡岐南町三宅のクリニックモール『ぎなんメディカルスクエア』内で『ぎなん皮ふ科クリニック』を開院させていただく、院長の伊藤秀明です。私は名古屋市立大学医学部卒業後、高度先進医療を行う「名古屋市立大学病院」や「名古屋第二赤十字病院(八事日赤病院)」と、地域密着型の「いなべ総合病院」「知多厚生病院」で皮膚科医として研鑽を積んでまいりました。
当院の理念は『3つのお約束』で述べている通り、明るく清潔で居心地の良い雰囲気で皆さまをお迎えし、正確な診断・わかりやすい説明・適切な治療という、当たり前の医療を当たり前に皆さまにお届けすることです。院長をはじめ、スタッフ一同『妥協なき皮膚科医療を提供する』ために、今後も研鑽を積むことをお約束します。
当院では『皮膚科専門医』として皮膚科の保険診療を中心とした診療を行いますが、保険診療だけでは満足のいく治療が難しい、巻き爪矯正などの自費治療、しみ・しわなどの美容皮膚科治療に対しても皆さまにご満足いただけるよう、最先端の技術や機器も導入しております。
各務原市・岐阜市からも近い岐南町の身近な『ぎなん皮ふ科クリニック』で、安心・安全に最先端の治療を受けていただけるよう、誠心誠意努めてまいりますので、末永くよろしくお願い申し上げます。

経歴

2000年
私立東海高校 卒業
2007年3月
名古屋市立大学医学部 卒業
2007年4月
知多厚生病院 初期臨床研修医
2009年
名古屋市立大学病院 皮膚科
シニアレジデント
2010年
いなべ総合病院 皮膚科 医員
2014年
名古屋第二赤十字病院 皮膚科 医員
2015年
知多厚生病院 皮膚科 診療科長
2016年
名古屋市立大学 臨床准教授
2017年5月
ぎなんメディカルスクエア
ぎなん皮ふ科クリニック 開院予定

資格

  • 日本皮膚科学会認定 皮膚科専門医
  • 日本皮膚科学会認定 専門医研修施設指導医
  • 日本褥瘡学会認定 在宅褥瘡予防・管理師(医師)
  • 日本医師会認定 産業医
  • 県難病指定医
  • エピペン®処方登録医
  • ボトックス®施術登録医(原発性腋窩多汗症・眼瞼痙攣・片側顔面痙攣)

ぎなん皮ふ科クリニック『3つのお約束』

1

スタッフ一同、乳幼児からご高齢の方まで親しんでいただける、明るく清潔で居心地の良いクリニックをつくります。

2

正確に診断し、わかりやすい説明を行い、患者さまのご希望を理解した上で適切な治療を行います。

3

日本皮膚科学会認定皮膚科専門医のいるクリニックとして自覚と責任を持ち、皮膚疾患でお困りの患者さまに診断から治療まで行います。

日本皮膚科学会認定
「皮膚科専門医」とは?

日本専門医機構は専門医のことを「それぞれの領域における適切な研修を受けて十分な知識・経験を持ち、患者から信頼される標準的な治療が提供できる医師」と定義しており、これを受けて日本皮膚科学会は専門医の認定制度を設けています。これは皮膚科診療に実際に従事し、指導医のいる研修施設で一定期間の研修を積み、講習会受講や学会・論文発表を行い、さらに専門医認定試験に合格したものを専門医と認定する制度です。
厚生労働省によれば、日本国内で現在15,000以上の医療機関が皮膚科を標榜していますが、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医は約6,000名です。大学病院などのように1つの医療機関に何人も専門医がいることを考えると、「皮膚科」のうち、本当に皮膚科での研修をしっかり受けて最低限の標準的な医療が提供できる「皮膚科専門医のいる皮膚科」は、約3割しか存在しません。以前より皮膚科は「なんとなく診療できるから看板に掲げやすい」といった理由から、皮膚科での診療経験がほとんどないにも関わらず「○○科・○○科・皮膚科」などのように「ついで標榜」されていることが多いのも事実です。
こうした中で当クリニックは、皮膚科専門医のいる医療機関として、各務原市・岐阜市などからも通いやすい岐南町のクリニックとして地域の皆さまに安心・安全な責任ある皮膚科医療を提供したいと考えています。

皮膚科専門医一覧(日本皮膚科学会)はこちら

ページトップへ戻る