ページトップへ戻る

美容皮膚科

しみ、そばかす、肝斑

しみは種類によって治療方法が異なります。
皮膚科専門医による正確な診断で最適の治療を。

しみは、メラニン色素が肌に染みついてできる斑点のこと。いろいろな種類がありますが、大きく「肌老化によるしみ」「そばかす」「肝斑」に分かれ、内服薬からレーザー治療まで選択肢もさまざまです。当クリニックでは、最新の検査機器を駆使し、皮膚科専門医が原因や症状をきちんと診断し、最適な治療法を提供します。

気になるしみを解消して、もっと明るい表情へ

女性イラスト

!こんな方は要注意です

  • だんだんしみが濃くなってきた
  • しみの数が増えた
  • 老けてみられる
  • しみ・そばかすが気になる
  • 左右対称に茶褐色のしみができてきた
  • 肝斑が気になる

お勧めの施術法

院長からのアドバイス

あらゆる角度からしみを総合的に治療します

当院ではしみの診療に特に力を入れています。まずはガンではないかどうかなど、しみの診断をしっかりさせていただきます(メイクは落としてきてください)。そのうえで、そのしみにあった治療法を提案します。YAGとルビーの2種類のQスイッチレーザー、そしてYAGとアレキサンドライトの2種類のロングパルスレーザー、さらにフォト(IPL)、フォトRFなどあらゆる角度からしみを総合的に治療していきます。

ページトップへ戻る