クリニックブログ

トップページに戻る

手術について

2017年9月4日

こんにちは、ぎなん皮ふ科クリニック 院長 伊藤秀明です。

9月に入って朝や夜はずいぶん涼しくなりましたね。

8月下旬に岐南町の学校の夏休みが終わり、9月に入って岐阜市・各務原市の学校が始まりました。

午前中に来院されていた学生の患者様が夕方来院されて診察させていただいていると秋の気配を感じます。

本日は手術についてお話させていただきたいと思います。

『涼しくなると傷口が膿みにくくなるので皮膚のできものの手術を受けたい』と来院される患者様も増えてきました。

当院では火曜・金曜・土曜の14:00~15:30の時間で日帰り手術を行っております。

ホクロや脂肪腫・粉瘤などの皮膚・皮下腫瘍はもちろん、陥入爪なども手術適応があるものについては希望があれば手術を行っています。

特に土曜日は仕事が休めずに総合病院を受診できない、手術を受けられない患者様には利用しやすい時間帯になっております。

当院では手術については原則保険適応のものしか行っておりません。

美容目的の手術(例:二重まぶたの手術など)は一切行っておりませんのでご了承ください。

当院では術後はほとんどの手術で当日もしくは翌日から入浴が可能となります。

術後も基本的には1週間後の抜糸まで受診の必要はなく、受診回数も良性腫瘍では

①手術日

②抜糸と病理結果をお伝えする日

③術後1~2カ月で経過をみさせていただく日

の3回が基本となっています。

詳しくはhttp://ginan-skin-clinic.jp/surgery/をごらんください。

手術に際しては『正確な診断』と『インフォームドコンセント(しっかりした説明と患者様の同意)』が必須となります。

当院は皮膚エコーやダーマスコープなど『正確な診断』をするための機器をしっかり取り揃え、

皮膚科専門医としての今までの研修で培ってきた経験を生かして診断を行っております。

できものが何という病気か知りたい方やそのできものが手術が必要かどうか知りたい方はまずは気軽に受診いただき、なんでもご相談くださいね。