ページトップへ戻る

美容皮膚科

にきび、にきび跡

赤みが消えない、凸凹が残ってしまった…。
そんな辛いにきび跡を改善します。

にきびによる炎症を繰り返すうち、色素沈着が起こって茶色っぽいしみが残ってしまったり、皮膚の表面にクレーターのような凸凹が生じたりする症状を「にきび跡」といいます。この状態になると、もはや自然治癒は難しく、皮膚科医による診断と、フラクショナルレーザーなど専門的な治療が必要となります。治療にはある程度、時間がかかりますが、確実に症状は改善していきます。

肌のターンオーバーを正常化させる根本治療を

女性イラスト

!こんな方は要注意です

  • にきびが気になる
  • 繰り返し、にきびができる
  • にきび跡の凸凹が残っている
  • にきび跡が黒ずんでいる
  • にきびの赤みがメイクでも隠せない

お勧めの施術法

院長からのアドバイス

若い患者さまにも安心して治療を受けていただけます

にきびに悩まされている方は多いと思います。当院ではにきび治療にも大変力を入れており、保険治療の外用剤からサリチル酸ピーリング、レーザーピーリングなど、ご提案できる治療法がたくさんあります。特に中学生・高校生の方をはじめとした若い患者さまにも安心して治療を受けていただけるよう、自費の治療に関してもリーズナブルに提供しておりますのでまずはご相談ください。

ページトップへ戻る