ページトップへ戻る

美容皮膚科

水光注射「水光プラス」

ソフトヒアルロン酸を広く均一に注射し
肌にハリを出していく話題の治療法。

水光プラスとは

ダーマシャインバランス機器

「ダーマシャインバランス」という専用機器を使用し、柔らかいヒアルロン酸を均一に皮膚の浅いところに広範囲に注入してハリを出すとともに、ヒアルロン酸の生体内反応を利用して体内のコラーゲンの増生を促していく治療です。ビタミンやプラセンタ、ボトックス、PRPなどを配合することで美白・しわ・リジュビネーション効果なども期待できます。

「ヒアルロン酸注入療法」との違いは?

ヒアルロン酸注入療法はある程度の硬さがあるヒアルロン酸を打つことによって、例えばほうれい線など一部の場所にボリュームを出す治療です。一方、「水光プラス」は皮膚の浅いところに広範囲に柔らかいヒアルロン酸を注入することでハリや透明感を出すことが可能です。仕上がりは、全体的に自然でもっちりとした透明感のある肌となります。もちろん「水光プラス」と「ヒアルロン酸注入療法」の併用も可能です。

対象となる症状・お悩み

  • ハリ
  • たるみ
  • 毛穴の開き
  • くま

ダーマシャインバランスの特徴

  • ダイレクトナパージュ

    レーザーではできないダイレクトナパージュ(薬剤を直接肌に浸透させること)が可能です。

  • 極細の針を使用

    インスリン注射針より細い32G(0.23mm)の針を使用するため、ほとんど痛みがありません。

  • 1ショットで9針

    従来の「ダーマシャイン」や他社機器は1ショット5針がほとんど。それに対して「ダーマシャインバランス」は1ショット9針と多いため、1回で注入できる量が多く、施術時間も短縮できます。

  • 液漏れを防ぐ

    吸引しながらショットする(注射を打つ)ので液剤の漏れがなく、皮膚の一定の深さに均一に薬剤が届きます。

治療のステップ

  • クレンジングと洗顔でメイクや汚れをしっかりと落とし、表面麻酔(オプション)を塗って30分ほどおきます。
  • 「ダーマシャインバランス」を使い、皮膚の希望の部位にソフトヒアルロン酸を注入します。
      合計60~90ショット(540~810カ所)行います。
  • 5分程度クーリングを行って終了です。

効果と治療間隔

施術2日後くらいから効果を実感するようになります。一度に多く注入する治療ではないため、初回は2~4週程度の持続ですが、時間と回数を重ねればヒアルロン酸で刺激された皮膚の繊維芽細胞が少しずつ新しいコラーゲンを作るようになり、半年程度持続するようになります。
治療間隔は最初の5回は3週間おき、その後3カ月~半年に1回程度を目安に治療をすると、ハリ・ツヤのある状態をキープできます。

ダウンタイムについて

治療後すぐにメイク可能です。
注射部位は薬液が入るため少し盛り上がりますが(膨疹)、注射部位の赤い斑点も含めて1~2日で治まります。一部、内出血が出てしまった場合も3~7日程度で治まります。

他の治療との併用について

フォトやレーザー治療など、ほとんどの治療と併用が可能です。詳しくは医師までご相談ください。

症例紹介

case1

→↓

case2

目的に合わせてコースを選ぶ

院長からのアドバイス

水光注射は皮膚の浅いところに広範囲に柔らかいヒアルロン酸とその他の美容成分をほんの少量ずつ機器を使用して打つ治療です。計算すると1カ所あたり0.0037ccという人の手では調節不可能な少量です。ムラにならないため不自然になることなく肌全体にハリが出ますし、施術後すぐ効果が実感できるオススメの治療です。

ページトップへ戻る