クリニックブログ

トップページに戻る

触ると移る⁉️ウイルス性のイボ😣

2020年5月21日

こんばんは🤗

岐阜市、各務原市から近い岐南町の皮膚科専門医による皮膚科、美容皮膚科のぎなん皮ふ科クリニック、看護部の宮川です

さて、今日はウイルス性のいぼ😈

「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」

について紹介します(*´ `*)

みなさん、足の裏や手の平(他の部位もできる可能性はあります)にぷつっとした出来物はないですかΣ(*゚Д゚ノ)ノ?

もしかしたら‼️

イボ😈かもしれないですよ‼️

❓原因は❓

ヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスの感染です。そのウイルスが皮膚の小さなキズから感染し、いぼをつくります😭

❓治療方法は❓

当院ではまず液体窒素で治療します❄

綿棒ではなくスプレータイプなので、

短い時間で治療出来ます😳💡

しかし、水ぶくれや血豆が出来る痛みを伴う治療です😣

2~3週間間隔で、5~6回を目安に治療していきます🤗

※大きさなどによって5~6回以上の治療が必要な場合もあります‼️

液体窒素で治らない場合やご希望の患者様は、CO²レーザーやダイレーザーで治療することも可能です💡

足の裏のイボは魚の目やタコと間違える場合もあるため、怪しいと思ったら一度診察をおすすめします👏

ウイルス性なので、他の場所にうつる可能性があります(´•̥ ̯ •̥`)

見つけたら早めに受診してくださいね🙇🏻‍♀️