ページトップへ戻る

クリニックブログ

トップページに戻る

水イボ💧

2021年9月30日

こんにちは🌷

岐阜市、各務原市から近い岐南町の皮膚科専門医による皮膚科、美容皮膚科のぎなん皮ふ科クリニック事務スタッフの服部です🕊

本日は水イボについてお話させていただきます。

水イボの正式名称は伝染性軟属腫といいます。皮膚の傷口や毛穴からポックスウイルスが感染することでイボができる感染症です。

主に2〜6歳頃の子供が感染しやすい病気で、プールなどで肌が触れ合うことにより感染を起こしたり、水イボに感染している方が水イボを触った手で他の場所を引っ掻いたりすることで皮膚の表面で感染は拡がっていきます。

~放置するとどうなる?~

水イボは特に治療を行わくても良い病気です。ですが、放置すると全身に広がって徐々に量も増えていきます。

やがて体にウイルスに対する免疫が成立すると自然に治癒します。

~水イボの対処法~

専用のピンセットで水イボをひとつひとつ摘み取る方法です。痛みを伴う治療法のためご来院の1時間前に麻酔テープを水イボに貼っていただきます。

~治療ご希望の方~

診察にて水イボかどうかを判断させていただいた後、治療がご希望の方には麻酔テープをお渡ししております。

⚪️受付時間⚪️

平日 午前11:30まで 午後18:30まで

土曜日 12:30まで

上記の時間までに麻酔テープを1時間貼った状態でご来院ください。

一般診察にてお取りいただいているご予約の順番がきていなくても上記時間を過ぎてしまうとご案内が出来ませんので必ずお時間までにご来院ください。

麻酔テープの貼り方については診察にて詳しくお伝えさせていただきます🙇🏻

ご不明点等ございましたらお電話にてお問い合わせください。

過去の記事