クリニックブログ

トップページに戻る

とびひ

2019年5月27日

こんにちは。

岐阜市、各務原市からも近い岐南町にある

皮膚科、美容皮膚科のぎなん皮ふ科

看護スタッフの宮部です💫

暑くなるこれからの時期に多くみられる

「とびひ」

子どもに多くみられますが、実は大人もなることがあります🤔

では、「とびひ」とは?

正式病名は伝染性膿痂疹といいます。

強いかゆみを伴う細菌感染で、水疱が破れてジュクジュクしたり、かさぶたにおおわれたりしています。

.

🔵原因

虫さされ、すり傷、あせも、湿疹などに

黄色ブドウ球菌、連鎖球菌などが

傷口につくことで感染をおこしてとびひにな

ります😢

.

黄色ブドウ球菌は人の鼻周りに多く常在して

います。

鼻の周りをいじった手であせもや虫さされな

どをひっかくことで、菌が傷口につきとびひ

となる機会が増えてしまいます👿

.

火の粉が飛ぶように、次々と別の場所に

感染することから「とびひ」と言われています。

.

⭕️予防

特に夏はあせをこまめに拭いたり、

入浴で皮ふを清潔にしましょう🚿

とびひになってしまっても、発熱など

全身症状がなければ入浴やシャワーを浴び、

石けんを泡だて患部をやさしく洗ってください☁️

手洗い、爪を短く切る、かきむしって皮ふに

傷をつけさせないことが大切になります✍️

 .

 気になることがあれば、症状が軽いうちに早めの受診をオススメします🥺