クリニックブログ

トップページに戻る

汗疱状湿疹🤚🏻🦶🏻

2021年6月7日

こんにちは😊

岐阜市、各務原市から近い岐南町のにある

皮膚科、美容皮膚科のぎなん皮ふ科クリニック

事務スタッフの梅田です🍀

本日は、汗疱状湿疹(かんぽうじょうしっしん)についてお話しします。

最近は気温も高くなり、手のひらや足の裏などに皮めくれや、かゆみを伴う水疱(水ぶくれ)ができたことはありませんか?

水虫の症状と似ていますが、実は汗疱状湿疹かもしれません。

汗疱(かんぽう)とは

汗の出口のところで起こった炎症によって生じる病気です。そのため、汗の出口が多い手の平や手の指、足の裏や足の指でよく見られます。水虫とは全く別の病気で、誰かにうつることもありません。

症状は手の平や、特に指の縁(指の横)の部分に、まずプツプツとした盛り上がりができたり、さらにすすむと水疱ができたりします。プツプツや水疱のできはじめは痒みがでることもあります。

汗がきっかけになることも多い病気なので、春から夏にかけて多くみられます。

こまめに手洗いし、タオルで拭き取り清潔に保つことで防ぐことができます

痒みがある場合は外用薬の処方もしております。

汗疱状湿疹かも?と思っても、実は水虫の場合もあります。

自己判断せず、ぜひ一度ご来院ください。

しっかり顕微鏡で検査させていただきます🔬