クリニックブログ

トップページに戻る

カミソリ負け🪒part2

2021年11月27日

こんにちは☺️

岐阜の岐南町にある

ぎなんメディカルスクエア

ぎなん皮ふ科クリニック 事務の奥です😊

昨日はカミソリ負けの原因について6コ中

3コの紹介をさせて頂きました😊✨

本日は残りの3コを紹介していきます🙋‍♀️

↓   ↓    ↓   ↓   ↓   ↓    ↓    ↓    ↓   ↓

4:肌に負担のかかる剃り方をしている

毛の流れに逆らって剃る「逆剃り」は、

毛をきれいに剃れるメリットがある一方で、

肌を傷つけやすいデメリットがあります😭

逆方向に剃ると毛を引っ張ってしまい、

肌に大きなダメージを与えてしまいます。

その結果として、カミソリ負けが起きてしまうのです😨

力を入れて剃ったり、同じ場所を何度も剃ったりするのも、

肌に負担のかかる剃り方です🙅‍♀️

入浴中にカミソリでムダ毛を剃る方もいますが、

入浴中や入浴直後の肌はふやけているため、

このタイミングでムダ毛を剃ると、

肌を傷つけてしまうリスクが高くなります🙅‍♀️

これらの間違った剃り方を直さない限り、

カミソリ負けを防ぐのは難しいでしょう😫!

5:肌に何もつけずに剃っているの

事前にシェービング剤などを何もつけずに、

乾いた状態でカミソリを使ってしまうと、

刃が直接あたってしまい肌に大きな負担がかかってしまいます🩹

肌に負担がかかると、乾燥や肌荒れを引き起こしやすくなり、

仕上がりも汚くなりがちです。

特に肌が弱い人は何もつけずに肌にカミソリをあてると、

カミソリ負けを引き起こしやすくなります🙅‍♀️

シェービング剤は、負担を和らげる潤滑剤としての

大切な役割があり使うのと使わないのとでは仕上がりに大きな差が出ます✅

6:アフターケアをしていない

カミソリで剃った後の肌は、

水分が奪われて乾燥している状態です😵

このまま放っておくと肌荒れなどのトラブルを

次々と引き起こしやすくなります。

せっかく正しい方法でムダ毛を処理しても、

アフターケアを怠ってしまうと、

カミソリ負けを起こすリスクが高くなってしまいます。

ムダ毛を剃った後は何もせずに放っておくのではなく、

肌に水分を補給するアフターケアが必要です。

肌のお手入れを毎回欠かさず行うことで、

カミソリ負けも軽減することができるのです😍

前回のカミソリ負けの原因も含めて

どれだけ該当するものがあって

改善できそうだなぁって思えましたか🤔?

普段何気なく毛の処理をしてる中で

しまった😫と思う行動をしてる方は

これから少しずつでも改善していけますように🙏✨