クリニックブログ

トップページに戻る

新聞折り込み

2017年5月6日

こんにちは、ぎなん皮ふ科クリニック 院長 伊藤秀明です。

中日新聞と岐阜新聞の明日5/7の朝刊に当院を含む『ぎなんメディカルスクエア』の内覧会のお知らせの新聞折り込みチラシが入ります。

今回、内覧会で多くの皆様に当院・なな歯科クリニック・岐南ほんだクリニックのことを知って頂くために

3院長で色々と相談して『ぎなんメディカルスクエア』のある岐南町だけでなく、笠松町・岐阜市南部・各務原市などにお知らせを入れさせていただくことに致しました。

連休最終日ということで色々お忙しいかとは思いますが、目にされた方は是非お読みくださいね。

『ぎなんメディカルスクエア』は年配の方からお子様まですべての方々に親しんでいただける医療モールを目指しております。

5/11,13,14の内覧会当日はささやかながら記念品も準備しておりますので是非お越しください。

お子様向けにキッズスペースを開放し、さらに『白衣を着ての記念撮影』などお子様の楽しめる企画もご用意させていただいておりますし、お子様向けの記念品もご用意しておりますのでお子様連れの方も是非ご来場くださいね。

また、当日は当モール隣接敷地のカフェ『ぴのきお茶寮』さんで飲み物の無料サービスがあるとのことですし、

同じく隣接敷地にオープンする県内最大手薬局チェーンである『ピノキオ薬局三宅店』さんも内覧ができるとのことです。

ぎなんメディカルスクエア3クリニックのスタッフ一同、皆様にお会いできることを楽しみにお待ちしております。

 

ヒアルロン酸・ボトックスについて

2017年5月5日

こんにちは、ぎなん皮ふ科クリニック 院長 伊藤秀明です。

本日は当院で行うヒアルロン酸・ボトックス治療についてお話しさせていただきます。

当院ではしわ・たるみ治療として、レーザー・IPLなどの機器による治療だけでなく

ヒアルロン酸とボトックスの注入療法も選択可能です。

ヒアルロン酸はジェル状の物質で、ほうれい線や目元のしわに注入してふっくらさせることによりしわやたるみを改善させます。

一方、ボトックスは神経と筋肉の間の伝達物質であるアセチルコリンの放出を抑えることにより筋肉を一過性に麻痺させることにより眉間や目尻の表情じわを改善させます。

原発性腋窩多汗症や片側顔面痙攣には以前よりグラクソスミスクライン社のボトックスが保険適応として認可されているくらい一般的に使用されているものです。(当院でも原発性腋窩多汗症の治療は可能です。)

当院では

ヒアルロン酸は顔のしわや溝に対して厚生労働省が唯一認可している『アラガン社のジュビダームビスタ』

ボトックスは眉間および目尻の表情じわに対して厚生労働省が唯一認可している『アラガン社のボトックスビスタ』

を使用して行います。

しわ・たるみは部位によって注入する薬剤が違いますし、注入する深さや量なども調整が必要となります。

患者様への薬剤の使いまわしはあり得ないことですので1本単位で購入していただくことになります。

ボトックスは失活するため保存は効きませんが、

ヒアルロン酸(ジュビダーム)は半年は確実に保存が可能ですので当院では一度に注入しきれない方には

初回施注日から半年間の無料保存サービス行わせていただきます。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

http://ginan-skin-clinic.jp/beauty_skin/antiaging.html

内覧会について

2017年5月3日

こんにちは、ぎなん皮ふ科クリニック 院長 伊藤秀明です。

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?

大型連休で今日が連休ど真ん中という方から昨日まで仕事で本日から連休という方、連休なんてないという方まで色々かと思います。

当院もスタッフには内覧会で5/14,15に出勤していただかなくてはならないため連休は研修をお休みとさせていただき、

私も書類・事務作業などの一人で集中してやるべき仕事をしたり、少し休息を取ったりしながら5/15の開院に向けてラストスパートをかけています。

さて、先程も述べましたが5/11,13,14の3日間に10:00~15:00の時間で内覧会を行います。

内覧会ではぎなんメディカルスクエアがどんなクリニックモールであるのか、それぞれのクリニック内はどんな風になっているのかなど知って頂くよい機会です。

当院でも、患者様にどんな機器が入っていて診断や治療に役立っているのかや診察室の感じ、処置室・施術室などを公開させていただきます。

内覧会から美容の予約も開始させていただきますのでよろしくお願いします。

開院記念キャンペーン告知最終回

2017年5月1日

こんにちは、ぎなん皮ふ科クリニック 院長 伊藤秀明です。

開院記念キャンペーン告知も今回が最後となります。

今回は、今までずっと女性の方が対象となる施術や内服だったので男性の方向けのキャンペーンを紹介させて頂きます。

院長である私自身も同級生などと会話していると男性の悩みの相談を受けることがあります。

それはAGA(男性型脱毛症)です。

女性がいつまでも美しくいることを望むのと同じで男性もできればいつまでもフサフサであることを願っています!

ただ、男性ホルモン・遺伝は残酷なもので、特定の方には放っておけば必ず薄毛になっている運命が待ち構えています。

毛は成長期(2~6年)→退行期(2週間)→休止期(3~4か月)というサイクルで生えたり抜けたりを繰り返しています。

テストステロン(男性ホルモン)が5αリダクターゼという還元酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)というものに変わります。

このDHTが毛を作り出す部分に高濃度に存在するよって毛の成長期が短くなってしまい軟らかく細い毛、すなわち薄毛になっていきます。

この5αリダクターゼを阻害する薬がAGA治療薬として発売されています。

『ザガーロ』と『プロペシア』です。今回、

ザガーロ1ヶ月分30カプセルを7500円(診察料込)

プロペシア1ヶ月分28錠6500円(診察料込)

と大変お値打ちに出させていただきます。

友人2人ほどからも『その値段なら開院したらすぐ受診するから3箱余分に注文しといて!』と早くも言われています。笑

男性の方で薄毛について少しでも不安なことや悩みがあればまずは相談くださいね。

他にもEDなどについても当院では治療を行っておりますのでこちらも悩みなどあれば気兼ねなくご相談ください。

予約について

2017年4月25日

こんにちは、ぎなん皮ふ科クリニック 院長 伊藤秀明です。

本日は当院の予約についてお話しさせて頂きます。

当院では保険診療以外に美容診療も行っております。

保険診療はインターネットと自動音声電話による順番予約制で、直接来院していただいた患者様にはその間に一定の割合で入っていただくというシステムを採用しています。

美容診療に関しては基本的に完全予約制となります。

ただし、ご本人がシミだと思っていたものが実はガンだったりということもありますし、美容治療ではなく保険治療が向いている疾患もあります。

そのため初診の患者様はまずシミなどについて保険診療にてしっかりと診断をつけさせていただき、

治療の選択肢を提示させていただいた上で美容診療をご希望される方には次回以降の美容治療の予約をお取りする形とさせていただいております。

当院は『皮膚科専門医によるスタンダードな保険診療を基本的な柱として行うクリニック』で、

希望される方にのみオプションで美容治療などの保険外診療を提供するクリニックです。

ご不便をおかけいたしますが、『癌などの見落とし』という最悪の事態を防ぐためにまずは『診断』という保険診療を受けていただくことをご了承ください。

なお、保険診療の順番予約は5/15の朝から開始させていただきます。

美容診療に関しましては5/11,13,14の内覧会にて診察に先立ち、お取りすることが可能です。