クリニックブログ

トップページに戻る

プラズマシャワー⭐

2018年10月22日

こんにちは

ぎなん皮ふ科クリニック 看護スタッフの森島です😆

最近では日中でも随分と涼しくなり、秋らしい陽気となりましたね🍁🌰

朝晩は肌寒くなりましたので、体調を崩されないようお過ごしください✨

さて、本日は10月から導入されました

【プラズマシャワー】についてお知らせ致します🍀

プラズマシャワーとは、電気エネルギーを持つ気体を使用し、皮膚表面を通って真皮レベルまで作用します。

それによって、エレクトロポレーションでも導入できないPRPやボトックス、サイトカインも導入可能な施術です✨

プラズマシャワーの効果🌈

✔細菌(アクネ菌など)を除去

✔皮膚保護膜を一時的に広げて美容液を浸透させる

✔コラーゲン、線維芽細胞を刺激して、ハリ・小じわ・たるみを改善

✔プラズマシャワーが表面の異物を取り除き、血液循環を促し、くすみを改善

皮膚保護膜を一時的に広げることで、導入液がどんどんお肌に吸収されていきます‼️

↓↓↓

お悩みに合わせて、導入液を選択していただきます😊

【料金】

施術料  15.000円

導入液

💛白雪(サーモンDNA):最強の美白効果  10.000円

💙ボトックス+ヒアルロン酸:毛穴の開き  18.000円

❤ヒアルロン酸:お肌のハリ 10.000円

💚サイトプロ(ヒト骨髄幹細胞由来):傷ついた細胞の修復、失った細胞を増殖する効果、しわ、たるみ、くすみなど  13.000円

💜PRP(御自身の血液に含まれる血小板血漿を取り出して導入):創傷治癒効果により、線維芽細胞細胞の活性化・コラーゲン増殖によってハリやツヤ、シワやたるみを改善  35.000円(※来春より開始予定)

施術後のダウンタイムや痛みもほとんどない治療になりますので、水光注射で痛みが強く続けられなかった方でも安心して受けられます💓

ご希望の方はぜひ院長やスタッフまで、ご相談ください🙇‍♀️

インフルエンザ予防接種

2018年10月1日

こんにちは。

各務原市・岐阜市からも近い岐南町の皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科

ぎなん皮ふ科クリニック 事務スタッフの井上です。

本日10月1日より平成30年度季節性インフルエンザの予防接種の受付を開始致します。

接種期間は10月15日から12月22日までを予定しております。接種料金は

岐阜県広域化予防接種事業の対象者(岐阜県内の65歳もしくは自治体によっては60歳以上)は

自治体が決めた1500円程度の定額となります、

その他の方は1回目・2回目関係なく同一料金で1回2500円となります。

子供は小学1年生以上からとなります。

すべて現金、予約時の先払いで接種日も希望に合わせて予約時に予約をお取りいただきます。

岐南町の中学生までのお子様は岐南町より補助があるため1000円を接種時に払い戻し致します。

また、ご高齢の方は「私はあまり出歩かないから大丈夫」「予防接種だけしにいくのが面倒」などで

接種率が以外に低いことが言われています。

当院ではインフルエンザ予防接種を啓蒙して重症化するのを予防しようという考えで

今年は岐阜県広域化予防接種事業の対象者ペア割を導入しました。

これにより岐阜県広域化予防接種事業の対象者と一緒に接種した方は1000円割引となります。

たとえば岐南町の小児の方は岐阜県広域化予防接種事業の対象者のおじいちゃん・おばあちゃんと

一緒に接種すると町からの補助とペア割で2000円引きとなり

お子様は実質500円で接種でき、おじいちゃん・おばあちゃんのインフルエンザも予防できます。

お電話でのお問い合わせには一切お応えしておりませんので

ご予約や詳細のお問い合わせは必ず窓口にて行っていただくようお願いします。

 

「児童虐待防止ぎふ」運動

2018年9月27日

こんにちは。

各務原市・岐阜市からも近い岐南町の皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科

ぎなん皮ふ科クリニック 院長 伊藤秀明です。

岐阜県では11月を児童虐待防止推進月間とし、ぎふオレンジリボン運動が行われます。

現在岐阜県の協力を受けながら「児童虐待防止ぎふ」運動がフリーペーパーのGIFUTOさんが

メインとなって行われており、10月号でから掲載が始まりました。

当院も地域のお子様が多数来院されますし、私も2人の子供を持つ一人の父親として

児童虐待のニュースなどで見聞きする度に悲しい気持ちになります。

児童虐待は当事者の親の問題と言い切ってしまうことは簡単ではありますが

社会の他の複合的要因が親にそうさせてしまう側面も持っていることも少なからずあり、

ぎなん皮ふ科クリニックをはじめ、「ぎなんメディカルスクエア」では

少しでも虐待で悲しい思いをする子供が一人でも減ってほしいという思いから

この運動に協賛させていただくことと致しました。

私が以前勤務していた名古屋第二赤十字病院には権利擁護の部門があり、

子供のケガや熱傷などは必ずその部門の方が状況を把握に来ていたことを思い出します。

当時は全てチェックするというのは些かやりすぎなのではと思いながらも

一人でも多くの子供を見落とさず虐待から守りたいという病院としての思い、

職員の気概が感じられるしっかりしたシステムだったと思います。

他にも警察や児童相談所の方も親御さんの権利との間で精いっぱい子供たちのために

児童虐待を食い止めようと努力されていることは存じ上げております。

私ども「ぎなんメディカルスクエア」も医療機関として子供が発するSOSはもちろん、

「代理ミュンヒハウゼン症候群」などの虐待のサインなどを見落とさず、

悲しい思いをする子供・大人を一人でも減らすお手伝いをしていきたいと考えています。

プラセンタ注射 再開のお知らせ

2018年9月22日

こんにちは🎃各務原市・岐阜市からも近い岐南町の皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科

ぎなん皮ふ科クリニック 看護スタッフ 🌙三月です。 😊

供給メーカによる安全性確認のため投与(注射)を一時中止していた💉ラエンネック(プラセンタ)の

👷‍♀️安全性が確認され、供給メーカーより特に問題がないとの連絡を受けました。🙌

これに伴い、本日よりプラセンタ注射💉を再開させていただきます。 👏🏻👏🏻✨

再開時に御連絡を差し上げる形となっておりました患者様へも順次連絡をさせていただいております。☎️📞☺️

再開後しばらくはプラセンタ注射💉希望の方で混み合うことも予想されますが🙇‍♀️在庫はしっかり準備し💪

特に回数券をご利用の方は精算もなくスムーズにご案内させていただけるかと思います。😊

皆様の御来院、心よりお待ち致しております‪‪☺︎‬‪‪☺︎‬‪‪☺︎‬

ヒルドイド勉強会

2018年9月18日

こんにちは、各務原市・岐阜市からも近い岐南町の皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科

ぎなん皮ふ科クリニック 院長 伊藤秀明です。

昨日東京であった勉強会に参加してきました。

今更ながら超がつくほど有名な保湿剤であるヒルドイドの勉強?なんて思っていましたが

大谷先生の講演では薬剤師の視点から基材による塗り薬の分類や患者様への説明の仕方など

目からウロコの新しい知見が得られ、また大矢先生からは食物アレルギーと経皮感作の関係、

離乳食開始時期と食物アレルギーの関係、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関係の話を

非常にわかりやすく講演していただき大変有意義な勉強をさせていただきました。

本日からの診療に役立て、特に当院では小児皮膚科の患者様も多いため

小児患者様ならびに親御さんへ還元していけるよう努めていきたいと思います。