クリニックブログ

トップページに戻る

マスク着用による肌あれにについて

2020年7月3日

  1. こんにちは☺️
岐阜市、各務原市からも近い岐南町にある皮

膚科、美容皮膚科のぎなん皮ふ科クリニック

看護スタッフ石井です。 ・ 本日はマスク着用による肌あれについてお話 しさせていただきます。 今はコロナウイルス(COVID-19)の影響でマ スクが手放せなくなっていますね。 そしてマスクを長時間使用していることによ って顔にニキビが…、肌が荒れて…、 と肌トラブルで来院される患者さんがみえます。  

では、なぜマスクを長時間使用していること によって肌トラブルが起きるのでしょうか?   ・ まずマスクを長時間使用していることによる 摩擦です。 表情や口の動きに伴って肌とマスクが擦れ合います。 そうすることにより肌のバリア機能が低下し、 普段は刺激にならない物質がバリア機能が低 下している肌に入り込み炎症が生じます。   ・ 加えてマスク内が蒸れることにより雑菌が繁 殖します。 呼吸によってマスク内の湿度が上がるため ニキビの原因となる雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。   ・ 花粉やウイルスを排除する機能が優れている 不織布マスクを使用される場合は摩擦を少し でも起こさせないようにするためにマスクの 内側にガーゼをはさむといいです😊 あと、私も手作りマスクを使用して分かった ことですが、 マスクがきついと押さえつけられる刺激にな りますし、ゆるいと上下にずれたりする 摩擦が生じます。 ですから顔のサイズに合ったマスクをすると いいですね😊 またマスク内で繁殖した雑菌は 顔にも付着していますので、 擦り過ぎないよう丁寧に洗顔をし、 バリア機能を整えるためにスキンケアに

心掛けていきましょう😊