クリニックブログ

トップページに戻る

高濃度ビタミンC点滴

2021年8月2日

こんにちは🌼

岐阜市、各務原市からも近い、岐南町にある

皮膚科、美容皮膚科のぎなん皮ふ科クリニック

看護スタッフの朝岡です🎀

暑さが厳しくなってきましたね💦

紫外線が多いため、紫外線や日焼けを

気にされる方が多いと思います。

今回は、この季節、皆様が気になる

高濃度ビタミンC点滴について

お伝えしたいと思います☆

高濃度ビタミンC点滴は、加齢による老化を予防し、健康的に美しくなりたいと希望されている方に特におすすめです。細胞の劣化とは、細胞が酸化することです。ビタミンCは、酸化の進行を遅らせて防止し、さらに改善するのに必要な栄養素の1つです。

・ 

ビタミンCはコラーゲン生成促進やメラニン生成抑制の作用を持つため、美肌・美白とともにシミやソバカスの改善なども期待できます。

 ・

通常、水溶性ビタミンであるビタミンCは、経口摂取で大量に摂取しても、血中濃度はあまり上昇せずに尿中から排泄されてしまいます。しかし、点滴によって静脈に直接投与することにより、体内に取り込まれたビタミンCが様々な効果を発揮してくれます。

 ・

≪高濃度ビタミンC点滴の効果≫

抗酸化作用・活性酸素の抑制

免疫力の向上

美肌・美白効果

疲労回復効果・抗ストレス効果

生活習慣病の予防

抗アレルギー作用

がん予防

歯周病治療・対策

≪『高濃度ビタミンC点滴』の流れ≫

1. 医師の診察

・現在の身体の状態・病歴など、医師が診察いたします。

⚠️医師の診察の結果によっては、点滴を受けていただけない場合があります。

2.採血検査、予約

・点滴を安全に行うために、高濃度点滴初回前に採血『G6PDスクリーニング検査』を行います。 点滴を行う日の予約をとります。

⚠️検査結果は数日でわかります。 検査結果によっては、点滴が行えないことがあります。

3. 点滴

・予約日は予定時間の少し前に来院していただきます。点滴室にて高濃度ビタミンCを点滴投与します。点滴の所要時間は、60分程度です。

4. 継続

・月に12回程度の点滴を定期的に続けると、より効果が得られやすいです。 最適な頻度は症状によって異なるため、医師とご相談ください。

⚠️点滴による効果は個人差がございます。

≪G6PDスクリーニング検査について≫

G6PD欠損症による溶血性貧血

G6PD欠損症という赤血球膜の遺伝子酵素異常がある方は、溶血性貧血(溶血発作:赤血球の膜が破れ、中のヘモグロビンが流出する現象)を起こす可能性がありますので、高濃度ビタミンC点滴は行っていません。

そのため当院では初回にG6PD欠損症スクリーニング検査を行います。

≪副作用について≫

高濃度ビタミンC点滴は副作用がほとんどありませんが、個人の体質や既往疾患によっては、まれに副作用を起こすこともあります。

・心不全や腎機能に問題のある方は、『高濃度ビタミンC点滴』を受けられないことがあります。

・『高濃度のビタミンC点滴』には利尿作用があるため、のどが渇くことがあります。当院では点滴中、水分をしっかり補給していただくため、お水をご用意しています。

・点滴中、血管の痛みを感じることがあります。

・『高濃度ビタミンC点滴』を、空腹時に受けると低血糖(症状:冷汗、めまい、動悸など)を引き起こすことがあります。このため、空腹ではない状態で点滴を受けることをおすすめします。

・まれに、だるさや眠気などを感じる場合があります。

☝🏻上記のような症状を感じられた場合は、医師へお伝えください。(点滴の方法・間隔・回数などの調整で改善されます)