クリニックブログ

トップページに戻る

衣替えについて🧵

2021年10月18日

こんにちは🌳

岐阜市、各務原市から近い岐南町の皮膚科専門医による皮膚科、美容皮膚科のぎなん皮ふ科クリニック事務スタッフの服部です🕊

朝・晩と気温が下がり段々と肌寒い季節となってまいりました。

これからより気温が下がっていくので今の時期に夏の衣服から冬の衣服へと衣替えをされる方が多いと思います。

そんな衣替えの際、急に皮膚にかゆみを感じたり、くしゃみや鼻水が出るといったことはございませんか?

⚪️かゆみの原因⚪️

前回の衣替えからしばらくクローゼットに閉まっておいた衣類をそのまま着ると無性にかゆみを感じたりされる方はいらっしゃいませんか?

実は衣替えの衣類に付いたダニが原因でかゆみを帯びていると考えられます。

虫に刺されたように腫れたり、チクチクとかゆみを感じられた場合、衣類にダニがいて皮膚を刺された可能性が高いのです。

⚪️ダニの特徴⚪️

ダニは繁殖力が高く、6月から9月前後の気温が高く、湿度が多い時期にかけて発生します。

ダニが好むのは、温度は20~30度で湿度は60%以上のジメジメとした環境といわれています。

また衣類を風通しの悪い収納場所に収納したり、たくさん詰め込んでしまうと衣類に湿り気が帯びている状態になり、ダニの住みやすい環境を作ってしまうのです。

⚪️気をつけるポイント⚪️

・衣替えの前後は洗濯を行う

衣類を長く着るためにも、衣替えの前と後にはしっかりと洗濯を行いましょう。

ダニの好物である皮脂や汚れを落としてから収納することが大切です。

また、衣替えの後もそのまま衣類を着用するのではなく、洗濯をしダニをしっかりと落としてから着ることをおすすめします。

・防虫剤を入れる

ダニから衣類を守るためには防虫剤も有効的と考えられます。

・通気性の良い場所で収納する

ダニは湿気のある場所を好むため、収納の環境を変えることも1つの方法です。

衣類を詰め込みすぎないように収納することを心がけるとダニが繁殖しにくくなります。

肌寒い季節になり、夏に起こらなかった皮膚疾患も多くなります。

お身体を暖かくして体調管理に気をつけてお過ごしください🧶