クリニックブログ

トップページに戻る

カミソリ負け🪒

2021年11月26日

こんにちは\( ˆoˆ )/

岐阜の岐南町にある

ぎなんメディカルスクエア

ぎなん皮ふ科クリニック 事務の奥です😊

今回は"カミソリ負け"についてです☺︎

夏がすぎて肌を出さなくなったとはいえ

毛の処理をするときはこれからの時期も

あると思います🙋‍♀️

カミソリ負けで困ったことはありませんか?

カミソリ負けとは、カミソリでムダ毛を処理したあとに

起こる肌トラブルのことを指します。

ムダ毛を剃るときに、カミソリの刃が皮膚の角質を

剃り落としてしまい、さまざまな肌トラブルを 

起こしやすくなるので注意が必要です。

一口にカミソリ負けといっても、

さまざまな症状があります。

カミソリ負けによる症状

カミソリで毛を剃るときは、肌に直接刃があたるため、

肌に負担をかけてしまいます。

力を入れすぎると、血が出るなどの症状を引き起こすことがあります。

剃った直後は何ともなくても、

しばらくするとヒリヒリとした痛みを感じ、

剃った箇所が赤くなったり、

ブツブツができて痒みを感じたりすることも

あるため油断は禁物です🙅‍♀️

このような症状は、肌が弱い人だけに

起こるものはなく、カミソリを使用した人

すべてに起こりうることです😭

症状をそのまま放っておくと、

色素沈着を起こし、シミになることもあります🥺

カミソリ負けを起こした箇所を再びシェービングすると、

より症状が悪化して、見た目も汚くなりやすいので

注意が必要です⚠️

症状が改善しない場合は、皮膚科を受診するなどの

対応も必要になってきます😦

カミソリ負けしてしまう原因について

6つお話ししていきます🪒

(長くなるので今回は3つ)

カミソリ負けを起こさないためにも

普段のご自身と比較しながら見てください☺️

1:肌が乾燥している

乾燥した肌は皮膚のバリアが低下した状態に

なっていてちょっとした刺激にも敏感に反応します!

さまざまな肌トラブルを起こしやすいです😭

乾燥した肌にカミソリを当てると、

カミソリ負けを起こしやすくなるので注意が必要です。

もともとカミソリを使ったムダ毛の処理は、

毛と一緒に肌の表面を削ってしまいやすいため、

肌が乾燥していると出血などを

引き起こすことがあります😥

肌の乾燥を防ぐには、日頃から化粧水などを使って

保湿ケアを行うことが大事です

2:同じカミソリを長期間使っている

カミソリの刃を交換せずに長期間使用すると、

見えない菌がたくさんついてしまいます。

ムダ毛を剃るときに、カミソリについた菌が

毛穴や傷口から侵入しカミソリ負けを引き起こしやすくなります👿

すでに3ヶ月以上も同じカミソリを

使用している場合は、いつカミソリ負けが

起きてもおかしくありません!

長期間使用しているカミソリは、

刃の切れ味が悪くなっており、

毛を剃るときに肌が引っ張られて毛穴が傷つくことがあります!

毛をうまく剃れないと、必要以上に力を入れてしまい、

カミソリ負けを起こす原因となってしまいます。

3:カミソリを湿気の多い場所に置きっ放しにしている

お風呂場など湿気の多い場所にカミソリを

長期間保管しておくと、すぐにサビてしまいます🤭

雑菌が増える原因にもなるため、衛生面でも良くありません。

サビやゴミ、前回剃ったときのムダ毛などが

付着した不衛生なカミソリを使用し続けると、

刃に触れた部分から雑菌が入り肌トラブルを招いてしまいます。

カミソリは常に清潔な状態にして、

湿気の少ない場所に保管することが大切です。

ここまで3つのお話をしてきましたが

読んでみていかがでしたでしょうか🤔

次回、残りの3つのお話をしていきたいと思います!

万が一注意していても肌トラブルが

起こってしまった場合は受診をおすすめします🙋‍♀️