クリニックブログ

トップページに戻る

2019年10月のブログ記事

口唇ヘルペス

2019年10月27日

こんにちは😉

岐阜市、各務原市から近い岐南町の皮膚科専門医による皮膚科、美容皮膚科のぎなん皮ふ科クリニック、看護部の早川です✨

  本日は、口唇ヘルペスについてお話しさせていただきます。

⭐︎口唇ヘルペスとは⭐︎

口唇ヘルペスは、風邪や発熱などの免疫機能の低下などによって、唇の周りに痛みを伴う水ぶくれができる病気です。

感染力が強い「単純ヘルペスウイルス」に感染することで発症します。

一度感染すると症状がなくなった後も生涯にわたって神経細胞に住み着き、免疫機能が低下するとウイルスが活発化し再発を繰り返すのが特徴です。

初期に再発部位の皮膚にピリピリ、チクチクとした違和感や、かゆみ、痛痒さなどの自覚症状を感じます。

その後、数時間で自覚症状を感じた部位が赤く腫れます。症状が現れてから2~3日で赤く腫れた部位に水ぶくれができます。

1~2週間程度で水ぶくれは、だんだんと乾きはじめ、かさぶたになり治癒します。

 

⭐︎再発する原因⭐︎

口唇ヘルペスの場合、発熱、疲労、ストレス、月経、紫外線などの刺激で体の抵抗力が落ちると、再活性化され、増殖したウイルスは神経細胞を通って、唇やその周りに移動し、口唇ヘルペスが再発します。

今のところウイルスを抹殺する方法はなく、ウイルスの活動を抑えて生活することが重要です。

 

⭐︎口唇ヘルペスの注意点⭐︎

口唇ヘルペスにかかった場合は、患部を清潔に保ち、早期に対処することが大切です。

またヘルペスウイルスは、人と接触することで感染します。

 

◎症状が出ていない時◎

●栄養バランスのとれた食事と十分な睡眠、適度な運動で疲れやストレスをためない。

●疲れている時や体調がすぐれない時は、強い紫外線を浴びる屋外のレジャーは避ける。

●くちびるやその周りにピリピリ、チクチクとするような違和感やかゆみなどの症状が出たら、出来るだけ早く受診しましょう。

 

◎症状が出ている時◎

●水ぶくれに触れたら、石けんを使って手をきれいに洗う。

●タオルやコップは共用しない。

●かさぶたは取らない。

●赤ちゃんとの接触は、感染した時に重い症状を引き起こすおそれがあるので、避けましょう。

 

特に症状が出ている時期は、ウイルスを大量に放出しているため、ヘルペスウイルスに免疫がない人や、免疫があっても抵抗力が落ちている人はヘルペスに感染する確率が高くなります。

ですから、人にうつさないように気をつけましょう。

手荒れを予防しましょう🙌

2019年10月26日

こんにちは😊

各務原市・岐阜市からも近い岐南町の皮膚科・小児皮膚科・美容皮膚科

ぎなん皮ふ科クリニック 看護スタッフの🌙三月です。 😊

最近、朝と夜は随分冷え込むようになりましたね😰

急な温度変化に体調崩されていませか

当院ではインフルエンザの予防接種が始まっています💉

抗体がつくのに約2週間かかると言われています。流行る前の接種がオススメです❗

ご希望される方は予約制となっておりますので、受付で声かけてくださいね💁‍♀️

本日は手あれのお話しをさせていただきます🙌

仕事や家事などで慢性的に荒れてみえる方もみえると思いますが、これから冬にかけて洗い物をお湯でされるようになってから悪化される方が多くなられます😢

手が荒れてしまう原因はいったいなんでしょうか

🍃気候による乾燥

🚰お湯を使う頻度が高くなる

👋接触性によるアレルギー反応

🙌🏼💦汗による汗疱状湿疹による皮めくれ

原因は生活環境によって様々あると思います。🤔

さて、手荒れを予防することはできるのでしょうか

🙋‍♀️対策はいくつかあります🙋‍♀️

例えば、気候が乾燥する時期はこまめに保湿剤やハンドクリームなどを塗る🙌

可能な限り洗い物は水で行ったり、ゴム手袋を🧤されるのも悪化の予防になると思います😊

直接洗剤を触れないだけでも変わってくると思います。👏

夜休まれる時はたっぷり保湿して木綿の手袋をされて就寝につくのも予防になります!

紙や📦ダンボールなどは水分を持ってかれてしまうので、取り扱う際には軍手などをされるといいそうです👍

なかなか家事や仕事を辞めるのは難しいと思いますので、悪化しないための工夫が大切だと思います。😊

悪化してしまったら、早めの受診をオススメします👨🏻‍⚕️

爪の根元が荒れてしまったり、甘皮がなかったりするとガタガタした爪になってしまうので、爪の周りも忘れずに保湿しましょう🙌

ボトックス💉

2019年10月25日

岐阜市、各務原市から近い岐南町にある 皮膚科、美容皮膚科のぎなん皮ふ科クリニック看護スタッフ早間です🐨

先日久しぶりにラーメンを食べに行きました🍜🍜🍜

人気店だったようで行列ができていました😵

40分並んで食べる事ができましたが

とても美味しかったです💓

美味しいものを食べる事は本当にいいですねっ🍞🍜🍇🌰🍖

今日は11月からのキャンペーンを一部ご紹介致します😊

💉ボトックス💉

🍁エラ両側   19000

🍁脇 両側   19000

🍁眉間、目尻、下顎  各9800

✳︎税別価格です。

1回限り、同日であれば何部位でも可

のキャンペーンが始まります👏

ボトックスは筋肉の動きを止める働きがあります⭐️

そのため目尻の笑いジワ、額や眉間などの表情ジワを改善する効果が期待できます☺️

また発汗を促進させる神経伝達物質を抑制する効果もあるため多汗症の治療にも用いられたりもします💦

エラにボトックスを打つ事でエラの筋肉の動きが抑制され、歯ぎしりにも効果的です👌

先日院長にエラボトックスを打ってもらいました💉

歯ぎしりで朝起きた時に顎がとてもダルイ感じがしていましたがボトックスを打ってからはそのような事はなくなりとても楽になりました😊

歯ぎしりでお悩みの方はお勧めします☺️

 

キャンペーン中は少しお得に受ける事が出来ますので気になっていた方は来院お待ちしております💓

✳︎美容施術初めての方は初診料3000円がかかります。

✳︎基本的にご予約制となり、お電話での予約はお受け兼ねます。

ご希望の方は診察にお越し下さいませ🙇‍♀️

白玉注射🥚✨

2019年10月24日

こんにちは🍂🍁

岐阜市、各務原市から近い岐南町にある 皮膚科、美容皮膚科の ぎなん皮ふ科クリニック 看護スタッフの森島です

*

本日は、大人気の美容注射💓

白玉点滴(白玉注射)についてです🥚✨

たくさんの患者様からご好評頂き

10月から新しくセットメニューができました🎉🌟

*

主成分である【グルタチオン】は、

3つのアミノ酸(グルタミン、グリシン、システイン)で構成されています✨✨

メラニンの活性化を抑制し、

シミやくすみの予防はもちろん、

既にあるシミの進行を防ぐ効果が期待できます🥰

また、抗酸化作用があるので

身体の酸化(サビつき)や老化予防にも効果的です✨✨

*

🍏白玉・美白セット  レギュラー🍏

>>>グルタチオン(600mg)+ビタミンC(1000mg)   

静脈注射:3.700円+税

点滴注射:3.800円+税

*

🍎白玉・美白セット  プレミアム🍎

>>>>グルタチオン(1000mg)+ビタミンC(1500mg)

点滴注射:5.800円+税

*

🌿オススメの方🌿

シミ、くすみ、そばかす等が気になる方

美白・美肌になりたい方

疲れがとれない方   など

*

美容注射は初めて受けられるの際に、

現在治療中のご病気や服用している内服薬などから医師が美容注射可能かを診察させていただきます。

(美容注射初診料:1.000円+税)

2回目以降は、診察の必要はございませんので、診察予約なしで美容注射を受けられます🙌🏻💗

*

定期的なメンテナンスで

身体の内部から美しくなりませんか?

是非一度お試しください❣️❣️

混雑時は待ち時間が出てしまうこともございます。ご了承ください。

じんましん

2019年10月24日

こんにちは😉

岐阜市、各務原市から近い岐南町の皮膚科専門医による皮膚科、美容皮膚科のぎなん皮ふ科クリニック、看護部の早川です✨

10月も残りわずかになりましたね。

気温も下がり、朝晩はだんだんと寒くなってきました。体調を崩したりしていませんか?

本日は、じんましんについてお話しさせていただきます。

  💡じんましんとは?💡

じんましんは、突然、赤みをもった小さな皮膚のふくらみができる病気です。

このふくらみは、いつの間にか消えるのですが、別の場所に現れては、また消えることを繰り返します。

また、ムズムズするかゆみをもつことが多いので、症状が長引く患者さんにとってはつらい病気です。

じんましんの症状は、主にヒスタミンとよばれる物質により起こります。

何らかの刺激で皮膚の肥満細胞という細胞からヒスタミンが放出されると、血管に作用して皮膚のふくらみや赤みを、神経に作用してかゆみを起こします。

  じんましんは、症状の続く期間によって急性と慢性に分けられます。

●急性じんましん 

症状が1ヶ月以内に治まるもの。

●慢性じんましん

症状が1ヶ月以上続くもの。

夕方から夜間に症状が出て、悪化することが多く、

治療には、数週間~数ヶ月以上かかることが多い。

💡じんましんの原因💡

じんましんは、4~5人に1人が一生のうち一度は経験すると言われています。

そのうち7割以上の患者さんは、自発的に症状があらわれる特発性じんましんです。 なぜ特発性のじんましんになるのかは、原因不明です。 原因が明らかなじんましんもあります。 ①抗生物質や解熱鎮痛剤などの薬剤 ②そば、サバ、エビ、カニなど特定の食品 ③運動や入浴、精神的緊張による発汗 ④皮膚のこすれ、日光、温熱、寒冷、圧迫などの物理的刺激 ⑤感染症や疲労、ストレスなどです。

💡じんましんの治療方法💡

特発性じんましんには、主に抗ヒスタミン薬という薬で治療をします。 効果が出ない場合は、薬の量や種類を増やしたりします。 症状が軽くなってきたら、薬の量や回数をだんだんと減らしていきます。 先生と相談しながら、薬を飲み続ける事でじんましんを予防できる事も多いので、あせらず、気長に治療していく事が大切です。
2 / 3123