クリニックブログ

トップページに戻る

ビタミンAを含む食品について

2021年5月25日

こんにちは😊

岐阜市、各務原市から近い岐南町にある

皮膚科・美容皮膚科のぎなん皮ふ科クリニックの

看護スタッフ石井です。

今日はビタミンAを多く含む食品についてお話

したいと思います。

まずビタミンAの働きは油に溶けやすい性質を持つ

脂溶性ビタミンの1つで皮膚や粘膜を健全な状態に

保ってくれます。

高い抗酸化作用をもつビタミンAは紫外線によって

発生した活性酸素による皮膚トラブルや老化ケアにも

役立ちます。

そんなビタミンAを高濃度に含んだ製品で当院でも

扱っているゼオスキンや日本人に合った日本製製品の

ガウディスキンは実際に使用してみて(ガウディ

スキンはまだ使用できていません)肌の調子が

良くなったのは自分でも実感していますし周りからも

変わったと、よく言われます。

外からのビタミンAがこれだけの働きをしているので

身体の内側からもビタミンAを摂っていくのは

すごく大切なことだと思います😊

ビタミンAは数多くある野菜のなかでも特に緑黄色

野菜に多く含まれています。その緑黄色野菜には

ビタミンAの前駆体であるβ-カロテンが豊富に

含まれているのが特徴です。

ではどんな食品に多く含まれているか。緑黄色野菜

という言葉からいくつか思い浮かびますよね。

カボチャ、人参、ホウレン草、モロヘイヤ、

トマト、ブロッコリーいろいろありますよね。

これらをただ摂るだけでなく効率よく摂っていくには

油と一緒だと吸収も良くなるので、ホウレン草と

人参で作るナムルだったり、カボチャコロッケも

いいですね😃ただカボチャのパサパサするのが

苦手という人もみえるかもしれないのでポタージュ

などにするというのも良いかもしれません。

せっかくビタミンAを摂るなら効率よくプラス

食べやすく一工夫してみるのもいいですね😊

汗管腫について

2021年5月24日

こんにちは😊

岐阜市、各務原市から近い岐南町にある

皮膚科・美容皮膚科のぎなん皮ふ科クリニックの

看護スタッフ石井です。

今日は汗管腫についてお話したいと思います。

汗管腫とは汗を出す管(エクリン汗腺)が増殖して

盛り上がっている良性腫瘍です。表面的には盛り

上がっていますが実際には皮膚深くにまであります。

残念ながら予防法はなく自然に治ることも

ありません😥

まぶた(目の下、目の上)に多いですが額やほほ

などにも米粒位のプツプツとしたものができます。

かゆみや痛みなど自覚症状はなく放置しても問題は

ありません。しかしメイクで隠すことができないため

お悩みの方は多くいらっしゃいます。

そこで当院ではアグネスを使用して治療していくと

いう方法があります!

アグネスは先端のみに高周波が流れる針を病変に

刺して高周波を照射し、その熱の作用で汗管腫を

小さくしていくという治療です。

アグネスでの治療をしていくとなった場合、院長が

施術をされますので予約をとっていただくことになります。

診察時間内にはできませんので

火・金・土曜日の14:00~15:30の間で15分枠の

予約をとっていただくことになります。

また針を使用していきますのでどうしても痛みを伴い

ます。そのため予約時間の1時間前に来院して

いただき麻酔クリームを塗らせていただきます。

目の周りのプツプツしたものが気になる方は

一度ご相談ください😊

ステロイド外用剤について

2021年5月25日

こんにちは🌷

岐阜市、各務原市から近い岐南町の

皮膚科専門医による

皮膚科、美容皮膚科の

ぎなん皮ふ科クリニック

看護スタッフの朝岡です🎀

今回は、ステロイド外用剤の正しい知識や使い方についてご紹介します☝🏻

ステロイド外用剤の作用で重要なものは抗炎症作用です。湿疹やアトピー性皮膚炎で皮膚の赤み、カサカサなどの乾燥、じゅくじゅく、かゆみが出るのは、皮膚の表面で炎症が起こっているためで、ステロイド外用剤は、この炎症を鎮める作用があります👌

ステロイド外用剤にはたくさんの種類がありますが、この炎症を抑える強さによって5段階に分類されます。使用部位や炎症の強さによって、ランク(強さ)の違うステロイドが処方されます。

ストロンゲスト (非常に強い)

ベリーストロング (とても強い)

ストロング (強い)

ミディアム(マイルド)

ウィーク(弱い)

皮膚の薄い顔や首は、吸収されやすくよく効くため、ランクの低いステロイドを使用したほうがよいです。

年齢や症状、重症度によっても使い分けします。

副作用を防止するために、使用部位を間違えないように十分注意し、自己判断で別の部位に使用しないようにしましょう。

<外用剤の種類>

ステロイド外用剤は、軟膏・クリーム・ローションの3種類の形態があります。

軟膏

軟膏はステロイドの成分を密閉して皮膚からの吸収を上げる作用があるため、同じ成分でも効果が最も高くなります。軟膏は保湿作用が強いので、がさがさやごわごわが強い時に強い効果を発揮します。ベトベトするので、頭や脇には不向きです。

クリーム

クリームは塗った後にすぐ吸収されてベトベトが残らないので、使い心地がよいです。手や腕など外に露出する部位にも塗りやすいです。

ローション

ローションはさらさらしているため、毛が生えた場所でも塗りやすく、頭皮にできたがさがさや赤みによく使われます。

<ステロイドの副作用>

◆多毛:薬を塗った部分に毛が生える、増える

◆ステロイドざ瘡:にきびやおできができやすくなる、悪化する

◆毛細血管拡張:皮膚の毛細血管が太くなり、透けて見えたり、周囲と比べて赤く見える

◆皮膚の細菌感染:水虫やカンジタなど細菌・真菌・ウイルスによる感染症にかかりやすい

◆皮膚萎縮:皮膚が薄くなる

◆色素脱失: メラニン色素が少なくなり、皮膚が白っぽくなる

◆かぶれ

これらの副作用を防ぐためには、ステロイド外用剤を正しく使用することが大切です。外用剤の塗る部位、種類、塗り方、塗る量、塗る期間を、医師から説明された内容を守って使用しましょう。また、長期にステロイドを使用しているときに突然中止すると、症状が急に悪くなることがあるため、中止や変更する際も医師と相談しましょう。

<ステロイドの塗り方>

①手をきれいに洗い、水分が残らないようによく手をふきます。(細菌汚染を予防します)

②指に薬を適量しぼり出します。

③患部に薬を少しずつ、いくつかに分けてのせます。

④薬を指の腹で、患部にまんべんなく、やさしく伸ばします。こすると皮膚に刺激が生じるため注意しましょう。

⑤塗った後は、必ず手を洗います。(患部以外にステロイドが付くのを防ぐことができ、副作用を予防します)

症状に合わせて、ステロイドの使用方法を医師と相談しながら使用しましょう。気になることがあれば、ご相談ください🌼

【マスクネ】マスクによるニキビ

2021年5月24日

こんにちは

岐阜市、各務原市から近い岐南町の

皮膚科専門医による

皮膚科、美容皮膚科の

ぎなん皮ふ科クリニック

事務部の林です

-------------------------------------------

マスクネとは

「マスク」と「アクネ菌」

をかけ合わせてつくられた造語で

マスクをつけることで

起こるニキビのことをいいます

「マスクをつけるようになってから

肌が荒れた、ニキビが悪化した」

と言われる方が

ここ1年とても増えています

-------------------------------------------

【 原因 】

擦れ

マスクを長時間つけていると

口を動かすたびにマスクが擦れます

擦れの刺激が続くと

皮膚を守ろうとして

皮膚表面の角質が厚くなります

それにより毛穴がつまりやすくなり

ニキビの原因となります

ムレ 温度変化

マスク内は湿度が高くなり

ムレた状態になるほか

保温されて温度も高くなります

汗をかきやすくなり

余計にムレるという悪循環が起こります

アクネ菌が繁殖しやすくなります

マスク素材 洗剤によるかぶれ

マスクの素材が肌に合わなくて

肌荒れが起こることがあります

マスクを洗ってマスクに残った

洗剤や柔軟剤によって

肌荒れが起こることもあります

-------------------------------------------

【 対策 】

◆洗顔・保湿

ゴシゴシ洗うのではなく

泡で優しく洗う

12回洗顔をする

肌のバリア機能を働かせる

ためにも十分な保湿をしましょう

◆汗をかいたらすぐに拭く

雑菌の繁殖を防ぐためにも

ティッシュなどでこまめに拭き取る

◆マスク素材

肌にやさしい素材の

コットンやシルクなどの

柔らかく肌当たりのよい

天然素材を選ぶと

摩擦を減らすことができます

◆内服 外用

ニキビができた場合は

早めに皮膚科に受診しましょう

早期に治療することで

ニキビの治りも早く

跡も残りにくくなります

-------------------------------------------

当院では患者様に合った

ニキビ治療をご提案しています

また、ニキビ跡の治療もございます

ニキビで悩まれている方は

ぜひお気軽にご受診ください

-------------------------------------------

水虫🦶

2021年5月24日

こんにちは

岐阜市、各務原市から近い岐南町の

皮膚科専門医による皮膚科、美容皮膚科の

ぎなん皮ふ科クリニック

事務スタッフの國枝です😊


雨の日が多くなり

ジメジメした季節が近づいてきました☔️


ジメジメした季節に気になる汗や

湿気からくるカビ、、、など

あると思いますが

「水虫」も要注意です🦶⚠️

水虫の原因菌である白癬菌〟は

高温多湿の環境を好みます😈

梅雨時期から夏場にかけて繁殖

しやすくなります!!

また足だけではなく、頭・手・爪など

他の場所でも繁殖するので注意が

必要です💧


要チェックな方

・同じ靴を何日も履き続けている

・足の臭いが気になる

・足の裏に汗をかきやすい

・家族に水虫の方がいる

・足の裏がひびわれている

・指の間を洗わない

などがあります👏


予防と対策

①毎日清潔にする

②バスマットはこまめに洗う

③通気性の良い靴をはく

④スリッパを共有しない

⑤同じ靴を履き続けない


水虫にかかると治療に時間がかかったり

家族にうつしてしまう可能性もあります👩


水虫の検査は

実際に患部から皮膚や爪の一部を採取して、顕微鏡で観察し、白癬菌がいるかどうかを調べます🙌

そこで、白癬菌がみつかれば、水虫と診断します。


その日からぬり薬など処方して

治療することができますので

気になる方は一度ご来店ください💁‍♀️


ご自身で薬を塗ってる方

フットネイルされてる方は

お薬を塗らずに来ていただいたり

ネイルをオフして来ていただけると

正確な診断ができます😊🌟